リレンザとタミフルの写真

リレンザはインフルエンザの治療薬として初めて開発された薬です。しかしタミフルの名前の方が有名であったりします。果たしてどちらの方がインフルエンザに対して有効なのでしょうか?

高齢でもリレンザは使える?

高齢になると、病気に対する抵抗力が弱くなるため、ちょっとした風邪でも肺炎まで進行してしまうことがあるので、本人はもちろん、家族も十分に気を付ける必要があります。
特に冬になると、インフルエンザが流行するので、よほどきちんとした予防を行わないと、そのまま治ることなく、死亡してしまうケースも珍しくありません。
老人ホームや介護施設などを中心に、インフルエンザの集団感染が相次いで発生というニュースが伝えられると、それを見るたびに不安になる方もあるでしょうが、予防さえ忘れずに行えば、病気になるのを防ぐことが出来ます。
人通りの多いところに行くときはマスクをつけたり、外出から帰ったら、すぐに手洗いやうがいをすれば、インフルエンザを防げますし、万が一病気になったとしても、リレンザという薬を使えば、治せるので安心するようにしましょう。
リレンザは高齢の方でも使える吸入薬なので、インフルエンザにかかることが不安でたまらない方は、個人輸入代行通販に注文して、手に入れておくとよいでしょう。
リレンザの有効成分はザナミビルで、インフルエンザウイルスの増殖を抑制する作用を持つため、症状が起こったら、1日2回、吸い込むようにしてください。
A型やB型などのインフルエンザウイルスに効果があり、リレンザを用いれば、短期間でインフルエンザを改善できるのでおすすめです。
48時間以内にリレンザを用いれば有効なので、早めに使うことが大切です。
高齢者のインフルエンザは重い症状になりやすく、長引かせると体力の消耗が激しくなりますから、普段から病気にかからないよう、予防に気を付け、いざというときのためにリレンザを用意しておくことをおすすめします。