リレンザとタミフルの写真

リレンザはインフルエンザの治療薬として初めて開発された薬です。しかしタミフルの名前の方が有名であったりします。果たしてどちらの方がインフルエンザに対して有効なのでしょうか?

入院中にウイルスをもらいリレンザ

病気や怪我で入院中にウイルスをもらってしまい、インフルエンザにかかってしまうことがありますが、病院にいるのに、そんな目に遭うと、ショックを受けてしまう方も多いでしょう。
しかしインフルエンザにはリレンザが効きますから、安静にしていれば、じきに完治することが出来ます。
インフルエンザにかかると、高い熱が出たり、頭痛に悩まされたり、筋肉痛や関節痛などの症状が起こって、辛い思いをすることになりますが、抗インフルエンザウイルス薬のリレンザを使えば、早く回復することが出来ます。
リレンザはインフルエンザウイルスに直接作用し、ウイルスが増えないように食い止めてくれますし、A型とB型ウイルスによるインフルエンザに効果があります。
C型のインフルエンザには効かないので注意が必要ですが、これがあれば、いざというときの症状の悪化を食い止めることが出来ます。
リレンザは粉末状の吸入薬で、専用の吸入器を用いて口から吸い込み、気道に作用させることで、インフルエンザウイルスの増殖を防ぎます。
感染した初期の段階に使用すれば高い効果を発揮し、症状を軽くすることが出来ますし、通常よりも1~2日は早く治ると言われています。
インフルエンザの治療には非常に最適な薬であり、高齢者や持病のある人が使うと、予防効果を期待できます。
入院中にウイルスをもらってしまった人は、早めにリレンザを使って、治すようにしたいですね。
リレンザは自宅に備えているだけでも安心なので、手軽に入手したいときは、個人輸入代行通販を利用することをおすすめします。
サイトによって価格が違うため、安く買いたいときは、複数を比較してから、どこに注文するかを決めるようにしましょう。