リレンザとタミフルの写真

リレンザVSタミフル

リレンザはインフルエンザの治療薬として初めて開発された薬です。しかしタミフルの名前の方が有名であったりします。果たしてどちらの方がインフルエンザに対して有効なのでしょうか?

リレンザとタミフル優れているのはどっち?

インフルエンザの予防と治療に使える薬として、リレンザとタミフルが有名です。どちらの方が優れているのでしょうか。リレンザとタミフルは同じインフルエンザの薬ではありますが、使用方法が違ってきます。リレンザはインフルエンザの予防・治療薬として初めての吸入薬です。粉末になっている薬剤を吸い込むことにより、インフルエンザウイルスが増殖する場所である喉から肺にかけての気道に直接作用します。そのため体内に吸収されることなくインフルエンザウイルスに作用します。吸入時に口の中に薬剤が残り飲み込んでしまったとしても薬の成分が血中へ入ることもないため、身体の他の部位への影響はほとんどないと言われています。そのためお腹の赤ちゃんへの影響も少ないとされ、妊婦にも処方されています。吸入薬のため、高齢者や子供が吸い込むのが難しいことと、気管支に疾患がある人はせき込んだり呼吸が苦しくなるという副作用が起こることもあります。それに対してタミフルは内服薬のため、簡単に服用することが可能です。しかし内服薬のため一度体内で消化し血中に薬の成分が入った上で作用するため、リレンザに比べ副作用が起きやすいと言われています。しかし確実に服用できるメリットがあるため、日本ではリレンザよりタミフルの方が処方量は多いのが現状です。リレンザもタミフルも、インフルエンザウイルスの増殖を抑えることにより症状が悪化することを防ぐ点は同じです。そのため、どちらが優れているかではなく、服用する人の年齢や疾患、どちらの方がより確実に薬の成分を身体に取り込むことができ、インフルエンザウイルスの増殖を抑えることが出来るのかを考えて、医師と相談しながら選択するようにすると良いでしょう。

リレンザは吸入式の薬

インフルエンザの予防・治療の薬として知られているリレンザ。抗インフルエンザ薬としては初めての吸入式の薬です。リレンザはインフルエンザウイルスの増殖を抑えることにより、症状が悪化することを防ぎます。使用することによりインフルエンザ発症による高熱が出る期間を短縮することができ、症状が軽減したり治ったりするのが1、2日早くなると言われています。インフルエンザの症状は発症から2、3日がピークのため、インフルエンザウイルスが増殖しすぎる前に使用する必要があり、リレンザも感染から48時間以内に使用を始めることが重要です。リレンザが画期的だと言われた点は、インフルエンザウイルスが増殖する気道の粘膜に直接薬を送り込むため、吸入して1分でウイルスの増殖を抑制する働きがあると言われています。少しでもウイルスの増殖を防ぐための即効性があるのです。「全身に薬を巡らせなくても、原因となる場所に直接薬を送ればいい」という薬のため、体内に吸収され全身に影響が出ることもなく、他の服用する抗インフルエンザ薬よりも副作用が少ないと言われています。しかし、リレンザが吸入式であるためのデメリットもあります。それは子供や高齢者などが薬を上手く吸い込めないことがあることです。薬の影響が全身に巡らない点は他の抗インフルエンザ薬にないメリットですが、規定量を全部気道へ吸い込むことができなければ治療の効果は薄くなってしまいます。そのため、特に小さな子供への処方は、内服薬の方が多いというデータもあります。また、もともと気管支炎や喘息などの気管支系疾患を持っている人は、リレンザを使うことにより激しくせき込んだり、呼吸しづらくなるという危険性もあるため、注意が必用です。

リレンザの特許はどうなってるの?

リレンザはタミフルと同様に、インフルエンザウイルスのA型とB型に対し、効果があるものの、C型に対しては効果がありません。そして、リレンザを服用する時には、タイミングも重要で、ウイルスの感染が発覚した2日以内に、服用を開始しなければなりません。2日を過ぎてしまうと、途端に効果が無くなってしまい、治癒が遅れてしまいます。このようなリレンザは、専用の吸引器にパウダーが入っており、吸い込むことで摂取することができますが、上手に吸い込むためにはコツがあるので、必ず事前に使い方を理解した上で使用しましょう。インフルエンザウイルスというのは、呼吸により鼻や喉から侵入し、気道で増殖を開始します。そして、リレンザは、ウイルスが体内に侵入する経路と、同じ経路を通って体内に投与することができるため、ウイルスに対し直接的に作用することができます。そのため、効き始めるまでの時間が短く、およそ1分後にはウイルスの増殖を抑制し始めるとされています。通常、パウダー状の薬は苦味が強いという特徴がありますが、リレンザは甘さがあり、苦味が苦手な方でも問題なく利用できます。抗インフルエンザ薬リレンザは、A型とB型のウイルスの感染を阻止することが可能です。ウイルスというのは、表面に存在している酵素が、悪影響を及ぼす起因とされています。リレンザは、こういった表面の酵素が遊離することを防いでくれるため、症状が素早く解消されるのです。インフルエンザに感染した後に処方され、素早く治癒することができるリレンザは、予防としても用いることができます。家族など身近な方が発症した時に、予防として処方されるので、身近な方がインフルエンザになった時には、病院で相談しましょう。
■予防もできる治療薬
インフルエンザはリレンザで治す