ネコ撃退のやり方について

category01

ペットとしてかわいがられる猫もいれば、野良猫と生まれたために、地域の人に嫌がられる猫もいます。

野良猫が嫌がられるポイントは盛りがきたときの鳴き声と、どんどん増えていってしまうということです。さらには糞尿を敷地内にされてしまったり、空家に猫が住み着いて猫屋敷のようになってしまうなどがあるためです。



ではネコ撃退はどのようにしていく必要があるのでしょうか?自分の家の周りに猫が住み着いたからといって、毒をまいて殺すというのはもってのほかです。
毒をまくことで猫が死ぬというだけでなく、散歩をさせている犬に被害があるかもしれませんし、そもそも毒が人の健康にも悪影響を与えることも多いです。
ネコ撃退をするなら、自分の家だけでなく地域の人としっかりと対策を考える必要があります。



猫というのはとても繁殖力が高いために、雄雌のつがいでみつかったら、その1年後には数が30匹くらいになる可能性もあるほど繁殖力があります。


まずは地域の野良猫の去勢や避妊をしっかりやってこれ以上数を増やさないようにすることが必要です。



さらに地域の猫の管理を地元でしっかりとやっておくこと、餌をやる場所をきちんと特定をして、ほかの場所ではあげないようにすることも必要です。さらには空家の管理をしっかりやり野良猫のすみかにしていかないということもネコ撃退には効果があります。


自分の敷地から追い出すだけでは、本当のネコ撃退にはなりません。

地域で管理する必要があります。

害獣駆除の特徴紹介

category02

ネコは本来愛らしい動物ですが、大切に育てた庭や花壇を荒されてしまったり、糞尿被害により悩まされている方は実はたくさんいます。大切なのは、その場所がネコにとって居心地の悪い環境であると認識させることです。...

subpage

害獣駆除のみんなの常識

category02

野良猫や近所の猫が自分の庭に入り込みいろんな被害を受けて困っている人も最近増えています。何度追い出してもすぐにまた戻ってきてしまうので、どうしたらネコ撃退ができるか悩んでいる人もいることでしょう。...

subpage

害獣駆除の納得の事実

category03

害獣の被害が増えていて、以前は郊外が中心でしたが都市部にも広がってきて、他人ごとではなくなってきています。ネズミやハクビシンは厄介なものですが、その他にも気を付けなければいけないのがネコの存在です。...

subpage

知りたい害獣駆除事情

category04

ネコの縄張りは50〜100mという非常に狭い範囲だと言われています。自分の居心地の良いと感じるエリアにとても強い支配欲を持って居座りますので、野良猫は目を付けた一軒家におしっこを引っかけてマーキングしたりします。...

subpage